再就職プログラムの大変さ

前職を辞したあとに、再就職プログラムって言うんでしょうか、職業安定所で募集してた、若年者ナントカ講習っていうやつに申し込んで、受講してたことがあります。友人に話していたら、聞いてみたけどそんなのなかった!!言っていたから、地域的・時期的なものだったのかもしれませんが、交通費支給、食費になる程度の1日数百円の手当ても出て、失業手当ももらえるし、スキルアップもできるというありがたいものでした。

私が受けた講習はワード・エクセル・パワーポイント・簿記を学ぶという3ヶ月の講座でした。ていうか若干時代を感じますね…。基本的にこの講座受講後数ヵ月以内に就職することが目標とされていて、一応応募者に対して試験がある感じでした。倍率は5倍くらいだったかな~??結構な人が応募してました。他にも技術職とか介護職とか色んな講座があって、やりたい仕事に応じてお金を払わなくてもスキルを身に付けられるっていうやつがたくさんありました。

私はといえば専門職で働いていたので、若かりし頃にパソコンに触れる機会もなく、その時期はまだ全然触れないという人も少なくはない感じの時代だったんですよね。まさに「電源ボタンがどこかわからないし、怖くて触れない」っていう部類の人間でしたが、お給料もらって働いてました。

再就職する気マンマンだったんですが、通いはじめてすぐに妊娠がわかって、すぐには就職できなくなっちゃったんですよね。ホントすごく興味があって勉強するのも楽しくてたまらなかったんですが、なんせつわりだけはどうしようもなくて、はじめての妊娠で訳もわからなかったんですが、一日中乗り物酔いしているみたいに気分が悪くて、眠くて授業を受けるのはやっとだし、短時間の休憩は外の空気を吸いに出ないと吐きそうでたまりませんでした。そんな中切迫流産で1週間入院することになってしまい、一番やりたかったパワーポイントの期間を丸々欠席してしまうことになったりで、なんだかドタバタとするうちにあっという間に講習期間が終わってしまいました。

修了してから他の受講者たちの話を聞いていると、ホームセンターとかパティシエとか、けっこうPCに関係ないところに就職してる人もたくさんいました。

そして私は妊娠したので当然その後出産後1年ほどは働くことができないので、再就職は規定の期間内にできなかったんですが、修了後二週間ほどしてその講習先から電話がかかってきて、その旨伝えると、自社のアルバイトをしてくれと言われました。単発の仕事でアルバイトちらしをワードでまとめて表にするという単純作業だったんですが、チラシ10枚ほどで二万円もらえるという破格な感じ…アルバイトでも就職になるみたいで、就職の実例を残さないといけないみたいで大変そうでした。あのお給料の高さは口止め料だったんだろうなあ~…と思ってしみじみ思い返すのでした。

もし若ければseになりたいな・・・seだと、一人前になれば、個人で仕事とることができなくもないって言いますしね。手に職のある人間になるっていうのは良いですよね。

ママ友のトラブルに巻き込まれ、自律神経失調症に。

子供が出来て、幼稚園に通うようになった頃です。

子供が仲良くなった子の親たちと自然と知り合いになり、降園後子供を遊ばすことを目的に集まるようになりました。その仲間内で、少しやんちゃな男の子のお子さんがいて、その子が特定の子を叩いたりして泣かせることが多くなりました。そのことで親二人も険悪なムードになり、園内でもほとんど口を聞かなくなるほどに。そんな問題に巻き込まれる形で、私の周りもそれぞれ色々な問題が起こり、私は気を病んで、一時は食事ものどを通らなくなりました。体がおかしいと感じ、近くの総合病院に行くと、自律神経失調症との診断を下されました。

思い当たるふしはありすぎるほどありましたので、原因を探るのは簡単でしたが、一度なってしまったものを改善するのはとても大変なことでした。基本、自律神経失調症になる人というのは神経が細かい人なので、色々なことを突き詰めて考えるのを意識的に止めたり、ちょっと神経が参ってきたなと感じると、家族でレジャーに出かけてリフレッシュしたりを積極的にするようになりました。

そう努めることで徐々に改善されていきましたし、決め手は子供の幼稚園を変えたこと。無理せず環境をガラッと変えたことで私の場合、気持ちがリフレッシュされて良い方向に向かったのだと思います。とにかく、自分に無理をするのが一番いけないことです。

ネイティブなくらい英語を話したい

発音がうまくできません。でもカタカナでフリガナ振ってよんだって通じません。
だから一から勉強します。

それって難しいけどなんとか頑張れば・・・と思っている私。
結構恥ずかしがり屋で言葉に出すのがちょっと照れくさいけど、そんなことしていたらいつまでたってもいい発音になんてなりません。
なので、インプットとアウトプットをしっかりやって話せるようになりたいと思う。

けどやっぱり若干恥ずかしいので、一人でひっそりとやる予定ですが。
でもそれも良くないのかな?誰かに聞いてもらった方がいいのかな?じゃないと発音が合ってるかとかわからないよね。かといって英語ができない人に聞いてもらっても意味ないし。
そうするとやっぱり英会話教室に通ううべき??うーーお金がかかる。

じゃあ教材買ってひそかに海外旅行英語の勉強しようかな?そっちの方がお金かからなそうだし。あーどうしよう。

でも最初はとにかくいい発音の英語を聞くことから始めた方がいいよね。
聞けないと話せないしね。

肌の状態によっては脱毛できない

多くの脱毛サロンが行っている光脱毛は、黒い色素に反応する光を使用しています。毛の色素に反応し、毛の製造工場が熱のダメージを受けてムダ毛が処理されます。通常は毛にだけ作用するので安心できる脱毛法ですが、肌の状態によってはやけどなどの恐れがあり脱毛できないことがあります。
<資料サイト>小倉脱毛なら脱毛小倉口コミナビ|良かったと思える脱毛探し

では、どんな時に脱毛できないのでしょうか。

日焼けをして黒くなった肌は脱毛できません。肌の色にも反応してしまいやけどの恐れがあります。脱毛を受けている期間中は、日傘や長袖などで紫外線対策をして日焼けしないように気をつけましょう。

水着を着るために夏から脱毛を始める方が多くいますが、夏は紫外線量が多く日焼けをしやすい時期です。日焼け止めを塗っても汗で取れてしまい、紫外線カット効果が無くなってうっかり日焼けをすることがあるので気をつましょう。4~5時間に1回日焼け止めを塗ると高い紫外線カット効果を得ることができます。

タトゥーをしている場合もその部位は脱毛できません。タトゥーの色に反応する可能性があります。

ホクロの色にも光が反応してしまうので、ホクロの場合はその部位をテープなどで覆って脱毛します。ホクロがたくさんあるからと脱毛を断れることはないと思うので安心してください。

薄毛の事実を認めない旦那

出逢った時はパーマをかけてボリュームを多く見せかけていましたが、時折見える地肌から禿げの危険を感じずにはいられませんでした。髪質も柔らかく、細いため将来的に危ないと私は確信しました。旦那は初め自分で禿げが進行していることを認めることはありませんでした。

しかし、無料カウンセリングを行うクリニックに行くよう勧めてみると、無料ならばということで行ってくれました。そこで突きつけられた事実は、本人にとってとてもショックだったらしいです。頭部上部と額から進行しているということでした。しばらく治療を受けることにしました。

クリニックに行き施術を受ける度に薬剤のような臭いが頭からして効果が出るのを期待して待っていましたが、半年ほど通っても特に変化が感じられず、お金も勿体なく感じられたので治療を止めました。もう結婚もしているので髪型に気を遣うことはないということで旦那は諦めているようですが、妻としてはまだ若いので地肌が見えると残念な気持ちにはなります。

家でのダイエットで1番効果を感じたもの

ダイエットはやはり体を動かすことが手っ取り早い上に、健康にも寄与してくれるんだなと思わされたのが、DVDを見ながら体を動かすダイエットです。
これまで食事を制限したり、なにかを摂取するダイエットを実践してきましたが、やはりお腹が減ってしまったり、我慢することでストレスが溜まってしまったりということで長続きしなかったものも多かったです。

DVDを見ながら体を動かすというものもはっきり言ってしまうと継続できているわけではありません。
なぜかというと、1番太ってしまった時期に実践して、劇的に痩せた上に体が軽くなり、健康になったことが体感できたことで満足してしまって、それ以来その時期を超える肥え太りを経験していないため、「最終手段」として存在しているだけになっているからです。

「最終手段」になっているだけあって、やっている当初は身体への負担がきつかったです。

1週間プログラムを実践すれば効果があるというDVDでしたが、確かに1週間経ったら体の変化に気づきましたし、DVDの内容を実践したら吹き出るように汗はでるわ、次の日は筋肉痛で体中がバッキバキになっているわで大変だったので、「実感」は凄いんですが、挫けそうにもなりました。

その代わり、食事の量の制限などをしなかったり、疲れきって横になったらすぐに眠ってしまうことで1週間が短く感じたりと、他のストレスは少なかった印象です。
大事なのは痩せたいという気持ちの強さと、いかに運動を楽しめるかどうかということだと思いますが、出来ることならもう一度お世話にならないようにしたいところです。

そういうことを考えていくと、普段から誰かと関わって楽しめてやれるようなホットヨガなどは良いのでしょうねぇ。
<参考サイト>ヨガ lava

介護の仕事

街の中に次々と老人介護施設がオープンします。介護施設でも内容は多様的で、昔からよくある老人ホームというものからデイサービスといった、老人が日中にちょっと遊びに行くような気軽なもの
そしてリハビリも出来る施設や、毎日ではないが宿泊して日頃介護をしている自宅の介護者の負担を軽減させるものまで様々です。

最近では高齢者向けマンションというものもあるそうですね。1人暮らしのお年寄りで介護の必要はないけれど、万が一のことを考えると1人で暮らすのは心配という人たちが集まったようなマンションです。
ちょっとしたことのサービスを管理会社がしてくれるみたいですね。これからは核家族が増えていることもあって、1人暮らしの老人が増えると思われます。

夫婦で長生きできれば最高ですが、どちらかが介護が必要になれば負担は大きくなりますし、高齢者向けマンションという選択もアリかもしれませんね。
老人が増えることで介護施設も増えて順調のようですが、介護士は増えているのでしょうか。

介護士の給料が安いということが問題視されていました。介護士の仕事は肉体的にも大変で、時間的拘束もあります。こういった施設が増えるということで、介護士の報酬も良くなるといいですね。このような素晴らしい仕事をしている人たちが生活に困ってお金を借りるということにならないことを祈るばかりです。

何か劇的に変えないといけないのかな

授乳期間は栄養を子どもに吸い取られているのか、食べても食べても痩せていきました。
なのに、だんだん授乳が減ってきてからというもの、それほど食べていないのに全然痩せないどころか、微妙に体重が増えつつあります。

何が太る原因なのかもわからず、それほど動いていないにしても、小さい子どもを追い掛け回しているのは結構体力を使います。
だからと言って間食もしていないし、やはり年齢的に代謝が落ちているから痩せにくい体質になってしまったのでしょうか。

年齢のせいではあるにしてもまだまだ痩せ体質になることは出来ます。
ちょっとした努力は必要ですけどね。
何かを劇的に変えないといけないのかもしれませんね。

ちょっとしたエクササイズやストレッチも闇雲にやっても効果は出ません。
だからタレントさんの痩せるダイエット本なんかを参考にしてぼちぼちやっていこうと思っています。
授乳が終わるとお酒も解禁になるから、飲んでしまうんです。

そうするとカロリーのあるおつまみをどうしても食べてしまうからこれまた大変なことになってしまいます。
痩せるという意思を持って食生活を意識することが大事ですね。

ウォーキングで楽しく筋力アップ

最近、ウォーキングを始めたのですが良い感じです。なぜ、始めたかというと年齢を重ねる毎に運動をしていない事に危機感を感じ始めたからです。みんな感じているであろう運動不足。大人になるにつれ運動って減ってきていますよね。

仕事柄、運動量が多い人もいるかもしれませんが、私なんて普段の生活をしていたら運動する機会なんてほとんどありません。いったい一日何歩くらい歩いているだろうかと心配になるくらいです。
健康や美容を手に入れるためには運動はかかせませんし、ストレスにも効くと聞きます。

最近、流行りのメリハリボディに近づくためにもまずはウォーキングです。痩身エステにいってメリハリボディを手に入れたら良いじゃないかって思うんですがまずはウォーキング。ある程度、筋肉をつけないと、痩身エステをしてもその効果を維持できないかもしれません。

それに、ウォーキングは友人達とお話しながらできるので楽しいってところもあるんです。なんでも、楽しいっていう事が一番続けれるモトですよね。